モチベーションの理論|仕事の効率を上げるためにモチベーションを高めよう
workup

仕事のモチベーションは理論を以て向上させる

モチベーションの理論

パソコンを操作する人

やる気と原動力

職場全体のモチベーションをアップさせるためには、従業員のやる気や原動力がどういうものから生まれるものなのかを知っておく必要があります。仕事のモチベーションを高めたいと思っているのなら、これから紹介する三つの理論についてチェックしておきましょう。

期待理論

誰しもが仕事を頑張ることで会社から見返りや報酬が与えられるものだと思っているはずです。そして、期待理論ではこの期待こそが仕事のモチベーションを高めるということを提唱しています。「これだけ結果を残せば、会社から報酬が与えられる」、そんな打算的で合理的な人間にとって期待理論は抜群にモチベーション効果が高く、導入する価値があります。

公平理論

企業で働いている従業員の中には、誰かと比べられるのが嫌だと思っている方も多いはずです。そんな公平性から成っているモチベーションのことを公平理論と呼んでいます。公平理論では、他者と実績や仕事内容などで比較することではモチベーションが下がると提唱しています。

欲求理論

従業員一人一人が達成動機、権力動機、新和動機という欲求を持っていて、その欲求を満たしてあげることでモチベーションの維持を目指すというのが、欲求理論になります。従業員一人一人の欲求の大きさや深さはそれぞれ異なるので、個人に合わせたモチベーションアップを図る必要があります。

やる気がなくなる原因ランキング

no.1

刺激がない

モチベーションの低下が見られる方の多くが「刺激がない」と感じています。仕事というものは業種や業態によっては作業的なことも多いです。その結果、やる気が出ないといった心理パターンになってしまいがちです。刺激がないと感じている従業員にはなるべく、別の仕事を振るか新しいことを覚えさせるようにしましょう。

no.2

睡眠不足

「睡眠不足」によって、精神的疲労、肉体的疲労を強く感じてしまう従業員も多いです。また、睡眠不足というものは集中力にも大きく関わってきます。そのため、モチベーションが低下してしまう結果になりやすいです。もしも、就業時間が長く睡眠不足になっているのだとすれば、生産性の向上のためにもなるべく定時で従業員を帰すようにしましょう。

no.3

人間関係

モチベーションは会社で共に働いている上司や同僚との「人間関係」も大きく関係しています。特に、毎日怒られるばかりだとストレスが溜まり、最終的には鬱になってしまう方も現代では多くいらっしゃいます。従業員のモチベーションを維持するためにも、人間関係が良好な環境を作ることが企業にとって大切なことです。

広告募集中